さとると、うっかりがなくなる。

さとると、うっかりが多い人も、うっかりがほとんどなくなる。

朝、起きなければいけない時間の少し前に自然に目を覚ますし、必要なときに大切なことを思い出す。

人は、思い出すことを自分の力だと思っている。
でも、思い出すとき、思い出そうとして思い出すものではない。

すべては、本当の自分からのインスピレーションである。
起床時間も、必要なときに思い出すことも、本当の自分が気づかせる。

でも、自我は「自分で気づかなければならない」と騒ぐ。
忘れたらまずいとか、起きれなかったらどうしようとか、不安ばかり訴えてくる。

不安に思えば思うほど、うまくいかなくなる。不安に思えば思うほど、失敗する。
それは逆効果だ。

あなたを本当の意味で応援してくれるなら、不安をあおるのではなく、気づかせてくれる。
自我にだまされないことが、自分を信じること。すなわち、自信とは、本当の自分からのインスピレーションを待つことなんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017-5-2

    さとると、うっかりがなくなる。

    さとると、うっかりが多い人も、うっかりがほとんどなくなる。 朝、起きなければいけない時間の少し…

おすすめ記事

  1. 受験の不安、就職の不安、告白の不安、プロポーズの不安、病気治療の不安など、重大な決断を迫られていると…
  2. さとって、自分の自我がすっかりなくなると、自我で憧れていたり、ときめいたりしたものに、何も感じなくな…
  3. 多くの日本人にもっとも誤解された美しい言葉がある。 「お客様は神様です」 これは三波春夫…
  4. 昨日は覚醒前と覚醒後にある一時的な不安と怒りについて書いたが、それは「さとり・非二元に対する不安と怒…
  5. 人は覚醒前、あるいは、覚醒後の数日、数週間、数ヶ月など、人によって異なるが、一時的に自分自身の方向性…

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る