さとると、寝ているときの夢を見なくなる。

さとると、寝ているときの夢を見なくなる。

もし、見てもストーリーはなくなり、夢の中での自分の感情がない。

怖い夢も、楽しい夢も、急いでいる夢も見ない。

有名人が登場しても、特に何かが起きるわけではない。

このことから夢は、自我が見せていたことに気づく。

どうにかしないといけないと騒いでいる自我が、寝ているあいだに夢の中で体験させて騒ぐ。

さとると自我がなくなるから、自我がなくなるとさとるから、夢を見なくなる。

反対に、夢を見たときは、自我が動き出したと気づけるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017-4-28

    さとると願いはなくなり、自然とうまくいく。

    覚醒体験は一時的である。 自我があるとまた自我で考えてしまう。 私はいつもこう説明している。…

おすすめ記事

  1. 受験の不安、就職の不安、告白の不安、プロポーズの不安、病気治療の不安など、重大な決断を迫られていると…
  2. さとって、自分の自我がすっかりなくなると、自我で憧れていたり、ときめいたりしたものに、何も感じなくな…
  3. 多くの日本人にもっとも誤解された美しい言葉がある。 「お客様は神様です」 これは三波春夫…
  4. 昨日は覚醒前と覚醒後にある一時的な不安と怒りについて書いたが、それは「さとり・非二元に対する不安と怒…
  5. 人は覚醒前、あるいは、覚醒後の数日、数週間、数ヶ月など、人によって異なるが、一時的に自分自身の方向性…

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る