恩寵(グレイス)について

非二元(ノンデュアリティ)のさとり・覚醒に達した人々の書籍に目を通しているが、恩寵(グレイス)が起こるものであって、起こすものではないとはいわれるものの、私や巻山紗依のように意図的に起こし、即座に覚醒に導く人はいないようである。

本当にいないのだろうか。本当に起こるもので、起こすものではないのだろうか。
私はひとりでも、紗依とふたりでも起こせるが、どうして起こせるのだろうか。

鈴木俊隆を起源とする「ハラ」という言葉も知ったが、その言葉を知る前から私と紗依は腹を使っていた。啓示がおりてくるときには必要なものだからだ。もちろんさとりにも有効なものだった。

「私」「マインド」「自我」のシステマティックな挙動も、自ら経験する恩寵も、すべてがこの宇宙のありようである。サマーディはむずかしいものではないし、恩寵そのものでもある。

もし意図的に恩寵を起こし、人を強制的に覚醒させるような著名人、いわゆる私や紗依と同じ力をもつ著名人をご存知の方がいたらコメントなり、メッセージなり、メールなりで教えてくださるとありがたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017-5-19

    さとったあとにある不安

    昨日は覚醒前と覚醒後にある一時的な不安と怒りについて書いたが、それは「さとり・非二元に対する不安と怒…

おすすめ記事

  1. 受験の不安、就職の不安、告白の不安、プロポーズの不安、病気治療の不安など、重大な決断を迫られていると…
  2. さとって、自分の自我がすっかりなくなると、自我で憧れていたり、ときめいたりしたものに、何も感じなくな…
  3. 多くの日本人にもっとも誤解された美しい言葉がある。 「お客様は神様です」 これは三波春夫…
  4. 昨日は覚醒前と覚醒後にある一時的な不安と怒りについて書いたが、それは「さとり・非二元に対する不安と怒…
  5. 人は覚醒前、あるいは、覚醒後の数日、数週間、数ヶ月など、人によって異なるが、一時的に自分自身の方向性…

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る