気を使うこと、気を使わされること、気を使ってくれること。

気を使うことは愛だと思われている。

だから、恋人同士や家族間では、気を使ってあげないといけないと、みんなが思い込んでいる。

でも、気を使わなくても壊れない友情は親友だからだと思える。
気を使わなくても壊れない絆が家族だとも思っている。

それならば、気を使わないからといって「愛がない」「冷たい」といわれるのはなぜだろう。

よく考えてみてほしい。

気を使わせることは、自分の都合のいいことを相手に強要していることなのだ。
それはわがままであり、自己中心的な考え方。

じゃあ、気を使わなくてもいいのかというと、そうではない。

この答えがあなたにわかるだろうか。

気を使わなくてもいい程度の気遣いこそが大切なのである。
重荷にならない気遣い。
お返ししなくてもいい気遣い。
強要しない気遣い。

愛にルールは存在しない。
愛は与えるだけであり、受け取るだけであり、要求した途端に愛じゃなくなる。

あなたの都合を先読みする愛は、この世には存在しない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017-5-10

    あとでスッキリする泣き方と、スッキリしない泣き方のちがい

    失恋などで、泣いても泣いてもまだ泣き足りないほど、繰り返し繰り返し泣く人がいる。 そういう人は、何…

おすすめ記事

  1. 受験の不安、就職の不安、告白の不安、プロポーズの不安、病気治療の不安など、重大な決断を迫られていると…
  2. さとって、自分の自我がすっかりなくなると、自我で憧れていたり、ときめいたりしたものに、何も感じなくな…
  3. 多くの日本人にもっとも誤解された美しい言葉がある。 「お客様は神様です」 これは三波春夫…
  4. 昨日は覚醒前と覚醒後にある一時的な不安と怒りについて書いたが、それは「さとり・非二元に対する不安と怒…
  5. 人は覚醒前、あるいは、覚醒後の数日、数週間、数ヶ月など、人によって異なるが、一時的に自分自身の方向性…

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る