自分で自分を叱る癖

私たちは何かを失敗したときに、「また失敗した!」「全然ダメじゃん!」「しっかりしろよ」「だから、あのとき気になってたんじゃん!」といったように、心の中で自分に向かって叱ったり、責め立てたりする。
そして驚くべきことに、それが普通の反省方法だとさえ思い込んでいる人がとても多い。

もっとひどい人になると、自分で自分を責め立てることが反省だと思っているために、人を反省させようとするとき、その人を責め立て、会うたび同じことを蒸(む)し返す人がいる。そうすることで、相手は十分に反省するだろうということのようだ。

反省とはそういうものではない。辞書を見てみよう。

はん‐せい【反省】

  1. 自分のしてきた言動をかえりみて、その可否を改めて考えること。「常に―を怠らない」「一日の行動を―してみる」
  2. 自分のよくなかった点を認めて、改めようと考えること。「―の色が見られない」「誤ちを素直に―する」

はんせい【反省】の意味 – goo国語辞書

このように「自分で自分を叱る」とか「自分で自分を責め立てる」といったことはどこにも書かれていない。
1.は「あれでよかったのかな」と再び考えることだ。
2.は改善する意思のことだ。

一般に自分自身を叱ったり、責め立てることは、日本語では「自責の念」と表現する。
「反省」とはちがう言葉なのだ。

もし、あなたが失敗して、どうしたら同じ失敗をしないようになれるか、改善しようと工夫するなら、それで十分に理想的な反省をしていることになるのだ。

その改善しようとする努力の途中で、「もう失敗するなよ」「私は忘れっぽいんだから!」「またミスをする!」「がんばらなきゃ!」と自分で自分に注意を促そうと声をかけることは、たったひとつの脳に別の仕事が増え、集中力が乱れ、また失敗する確率が上がる。

まさに「百害あって一利なし」。
それでも、そう自分に注意を促すことはいいことだと思い込んでいる人はとても多い。

証拠のない不安を煽(あお)ったり、危機感で感情的になったりする自我は明らかに悪い自我だが、無駄に自分自身を監視したり、いいか悪いかジャッジしている心の声も、いい自分を装った、正義のふりをした、悪い自我である。
もし本当のよい自分なら、同じ失敗をしないようにサポートするだろう。
成功者に多い心の声としては「自分ならできる」といったものがある。そのように応援する声こそ、役に立つというものだ。

応援の声でも「オレ、最高!」「私は美しい!」といった自画自賛は要注意だ。それは応援になっていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017-4-28

    さとると願いはなくなり、自然とうまくいく。

    覚醒体験は一時的である。 自我があるとまた自我で考えてしまう。 私はいつもこう説明している。…

おすすめ記事

  1. 受験の不安、就職の不安、告白の不安、プロポーズの不安、病気治療の不安など、重大な決断を迫られていると…
  2. さとって、自分の自我がすっかりなくなると、自我で憧れていたり、ときめいたりしたものに、何も感じなくな…
  3. 多くの日本人にもっとも誤解された美しい言葉がある。 「お客様は神様です」 これは三波春夫…
  4. 昨日は覚醒前と覚醒後にある一時的な不安と怒りについて書いたが、それは「さとり・非二元に対する不安と怒…
  5. 人は覚醒前、あるいは、覚醒後の数日、数週間、数ヶ月など、人によって異なるが、一時的に自分自身の方向性…

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る