非二元性(ノンデュアリティ)を語った正覚者ガウタマ・シッダールタ

このブログでは「非二元(ノンデュアリティ)」と呼び習わしていたが、英語の「Non-Duality」は「非二元性」のことである。「非二元」は「Nondualism(ノンデュアリズム)」といったところか。
それであれば「非二元」を実践している人は「Nondualist(ノンデュアリスト)」と呼んだほうがわかりやすく感じるが、なぜか「Non-Duality Teacher」か「Non-Duality Speaker」が好まれている。
その理由は「~イズム」「~イスト」のような主義や宗教ではなく現実に即した法則だからだというのがその主張のようである。特に宗教と誤解されるのを防ぐためだと思われる。
私なら「Non-Duality Dynamics(非二元力学)」とでもしたいところだが、それでは奇をてらい過ぎだろうか。
「Non-Duality」と「Nonduality」の表記の区別は英語ではしないようだ。

とはいえ、このブログにおける「非二元」と「非二元性」の呼び分けの定義をしておきたい。

  1. 非二元
    「非二元性」「主体と客体の非二元性」「梵我一如」「幻想現実」のすべてを受け入れた先に到達する何かのすばらしさと効用を含めて呼ぶ総称。
  2. 非二元性
    「主体と客体の非二元性」から導かれ、「幻想現実」「梵我一如」へと展開する考え方。この言葉自体には「梵我一如」「幻想現実」の意味は含まない。

日本では「非二元」の意味で「ノンデュアリティ」を使うが、「ノンデュアリティ」は「非二元性」が本来の意味なので、その混乱を避けるために「ノンデュアリティ」表記を控えることとする。例外として、「ノンデュアリティ」のほうが一般的には浸透し始めているため、検索ワードとしてタグなどには使用する。

遠回りをしたが、この前提で正覚者ガウタマ・シッダールタがいう非二元性について解説する。

シッダールタは「主体と客体の非二元性」を説明するために、非二元性を繰り返し説いた。
「耽溺」と「患い」をそれぞれ「耽溺」「患い」として認識し、そのはかなさを知ることで、どんなに執着してもいつかは必ず苦しむものだと知れば、その「耽溺」と「患い」から離れようとするだろうと考えたのだ。そのはかなさを説明するために、非二元性が重要であった。まさに、シッダールタがさとりを開いたきっかけの「中道」である。シッダールタは非二元性を中道と呼んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017-5-16

    「引き寄せの法則」を超えるさとり・非二元

    さとり・非二元でいわれる幻想現実は、恩寵で作られるとされているが、本人が納得している考え方で作られる…

おすすめ記事

  1. 受験の不安、就職の不安、告白の不安、プロポーズの不安、病気治療の不安など、重大な決断を迫られていると…
  2. さとって、自分の自我がすっかりなくなると、自我で憧れていたり、ときめいたりしたものに、何も感じなくな…
  3. 多くの日本人にもっとも誤解された美しい言葉がある。 「お客様は神様です」 これは三波春夫…
  4. 昨日は覚醒前と覚醒後にある一時的な不安と怒りについて書いたが、それは「さとり・非二元に対する不安と怒…
  5. 人は覚醒前、あるいは、覚醒後の数日、数週間、数ヶ月など、人によって異なるが、一時的に自分自身の方向性…

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る