カテゴリー:心理学

  • 情性欠如者の正当化は成功か失敗か

    記事「情性欠如の人はなぜ怒るのか」の続きです。 B美は常にA恵の身になって考えています。 しかし、A恵はB美の気持ちを一切考えていません。 これは「A恵が悪い奴だからだ」ということではありません。A恵なりに…
  • 情性欠如の人はなぜ怒るのか

    「情性欠如」を理解すると、静的気質の人々がなぜ怒りっぽいのかもわかるようになります。 再度、Wikipediaから引用いたします。 人間性欠落者: ここで述べる人間性とは同情、良心、羞恥のような人間に固有の情動的…
  • 「自分の立場で」「相手の立場で」「相手の性格で」

    ワークショップでは、コンセプトタイプだけが「相手の立場で考える」ことができ、モチーフタイプは「情性」があっても「相手の立場で考える」ことはトレーニングが必要であると説明しています。この2タイプ、いわゆる動的気質は「情性」…
  • 「置き換え」に代わる言葉探し

    今までワークショップで、「自分が相手の立場で考える」という意味合いで「置き換え」という単語を使ってきました。しかし、心理学ではすでに「置き換え」という専門用語があり、実際にはちがう意味で使われています。 「置き換え…
  • 心の理論

    心理学では、「人が、他人の心を、どう理解するか」について、「心の理論」という用語を当てている。 われわれ人間は、「私の気持ちを、あの人はわかってくれている」と信じたい傾向がある。「あの人」とは、母だったり、父だった…
  • 静的気質と動的気質

    「プライドタイプ」と「アピールタイプ」を「既成事実」グループ、「コンセプトタイプ」と「モチーフタイプ」を「既成概念」グループと表現すると字数が多いことと、遺伝による気質であるとわかりやすくするために、字数が少ない「静的気…
  • 毒親

    親の呪縛から抜けられない大人が自立するとき、まるで洗脳が解かれないで苦しんでいる人と似た「恐怖による現実逃避」と「自尊心の低さ」が見受けられます。 彼らを呪縛する親は、カルトの信者とか、政治運動家といった、特殊な人…
  • 人類を二分する生来気質

    多くの方にそれぞれの「常識」「善悪」をお伺いしたところ、あまりの食い違いに目を見張りました。これこそが、悪意なく起きるトラブルの原因だと、私は理解しました。 私は「常識」「善悪」の捉え方のちがいを、4つに分類しまし…
  1. 2017-5-17

    あなたの本当の幸せとは

    誰もが願望をもち、それを実現することで、自分は幸せになれると思っている。 進学、就職、成功、結婚、…

おすすめ記事

  1. 受験の不安、就職の不安、告白の不安、プロポーズの不安、病気治療の不安など、重大な決断を迫られていると…
  2. さとって、自分の自我がすっかりなくなると、自我で憧れていたり、ときめいたりしたものに、何も感じなくな…
  3. 多くの日本人にもっとも誤解された美しい言葉がある。 「お客様は神様です」 これは三波春夫…
  4. 昨日は覚醒前と覚醒後にある一時的な不安と怒りについて書いたが、それは「さとり・非二元に対する不安と怒…
  5. 人は覚醒前、あるいは、覚醒後の数日、数週間、数ヶ月など、人によって異なるが、一時的に自分自身の方向性…

最近のコメント

カテゴリー

ページ上部へ戻る